髪の毛が細いということは、遺伝もありますが、年齢を重ねていくごとに痩せてしまい細くなるということもあります。髪の毛が細くなるということは、きちんと髪に栄養がいっていないため痩せてしまい細くなります。なぜ栄養がいかなくなるかというと、頭皮環境が悪くなっているからです。

頭皮環境が悪いということは、血行が悪かったり、フケが多く清潔でなかったり、ライフスタイルが乱れていることで頭皮の環境も乱れてきてしまいます。血行がよく清潔な状態が保てている頭皮環境だと、髪の毛にきちんと栄養がいくため細くなるということも起こりません。

栄養がないと髪の毛が細いだけでなく、成長が出来ないため短くなってしまい、最終的には抜けてしまいます。つまり髪の毛が細いことを治すためには頭皮環境をよくすることが大切です。

普段何気なく使っているシャンプーも自分にあっていないと皮脂をとりすぎてしまい逆に細い髪の毛になる原因となります。皮脂は取らないと汚れとなり頭皮の環境に悪いですが、取りすぎてしまっても頭皮を守る役割があるため完全に取り除いてしまうとそれも頭皮環境に悪くなります。頭皮をきれいに保つことは頭皮環境をよくするためにはとても大切ですが、シャンプーもきちんと選ぶ必要があります。

髪のパサつきの原因は、間違った髪の洗い方や紫外線の影響、髪の毛を染めたり、ドライヤーやコテなどで熱を与えすぎたり、さらに栄養不足の影響など、さまざまな原因があります。

パサついている髪は水分が無い状態のことです。キューティクルがはがれてしまい、髪の内側から栄養が流れ出したために水分を保つことが出来なくなりパサついてしまいます。しかし、改善策は多くあります。まず髪を洗うときは洗いすぎてはいけません。髪のキューティクルが失われるためパサつきやすくなるからです。その為Deeper3Dの効果が表れると言うことになります。

またシャワーも熱すぎると髪が傷む原因になるので、ぬるめの温度で洗います。また頭皮湿疹がよくないからといって乾かさないで寝るということはもっと髪がパサつく原因になってしまうので、生え際からきちんと乾かすようにします。その際、低温ドライヤーなどを使うと良いです。
参照:頭皮の赤みや湿疹などの脂漏性皮膚炎にはニゾラールシャンプー

さらに髪に十分な栄養がいくように、髪の毛に潤いを与えるニンジンなどのビタミンAや、血行をよくしてくれるアーモンドなどのビタミンE、さらに髪の毛はタンパク質が多く含まれているのでお肉や魚に含まれるタンパク質を多く摂取することで、髪のパサつきを改善することができます。日々の生活を見直して改善することで、髪のパサつきも改善出来ます。